NZ政府、医療大麻CBDの規制解除を発表

ピーター・ダン副保健相は6月2日、医療大麻のCBD(カンナビジオール)使用規制の解除を発表した。

CBDは治療効果を有する大麻に含まれる物質で、 ほとんど精神活性の特性を持っていないがニュージーランドでは今まで規制薬物として扱われていた。

この規制解除により、CBDは他の薬品と同様に医師による処方が認められ、てんかんや精神病緩和治療に向けての効果が期待されている。

https://www.beehive.govt.nz/release/government-ease-restrictions-cannabidiol

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)